医療関係者の方へ

BLS講習会は日本BLS協会 TOP > 医療関係者の方へ

医療関係者の方へ

BLSは、人の命を救う立場である医療関係者には必ず身につけて頂きたい技術です。医師はもちろんですが、病院の職員すべてがBLSを実践的に行うことができれば、患者さんにとっても非常に心強いことなのではないでしょうか。あなたが今手にしている救命処置の知識は、実際の現場で使えるものですか?

 

いざという時、実際に現場で使える技術を得るには、座学的なものではなく実践的な講習を受ける必要があります。BLS講習は、医師関連の資格取得や維持のための学科単位としても認められています。直接人の命を救うことにつながる技術を、この機会にぜひ身につけて下さい。

医療従事者が改めてBLSを学ぶ意義

医師の方

BLSは、ACLSやPALSの資格を取得するための最初の一歩となります。効果的な救命処置を行うためにも、まずは正確な基礎を身につけましょう。

 

医師

 

救急救命士の方

救急救命士の方は、他の医療職に比べてBLSの使用頻度が高いのではないでしょうか。JPTEC受講前などに特におすすめです。常により良い技術を求めて、研鑽(けんさん)を重ねましょう。

 

救急救命士

 

看護職の方

看護職の方は、患者さんの急変の際には一番最初に対応するものです。医師が到着するまでのわずかな時間にBLSを行うことで、患者さんを救うことができるかもしれません。常に最新のBLS技術を学んでおきましょう。

 

看護職